受講生のみなさんの声

話し方講座やコミュニケーション研修を受講した方々のアンケートや個別にいただいたメールなどをご紹介します。

 

 

【アンケートより】

 

・発声や顔の筋力トレーニングなどを行うことで、楽しく講義をうけることができました。仕事に、普段の生活に役立つ、とても有意義な研修でした。ありがとうございました。
・本日研修に参加して、顔の表情・声のトーンによって、人に与える印象が全然違ってくるということがすごく分かりました。普段から人とのコミュニケーションが多いため、もっともっと表情よく、トーンよく、を頭に入れて活かしていきます。
・自分では笑顔で話しているつもりでしたが、実はできていなかった。今日はコミュニケーションのとり方、表情や伝え方など、いろいろ勉強できました。楽しく研修を受けて、さっそく家に帰ってトレーニングします。
・コミュニケーションの成立とは、双方の共有であることがよく分かりました。一方的に伝えたにならないように気をつけます。顔面の筋力低下は痛切に感じていました。トレーニングを行って表情豊かに笑顔で対応、を心がけていきたいです。ありがとうございました。
・伝え方や受け取り方の大切さがすごく分かりました。伝え方は相手がわかりやすく受け取りやすいように。受け取り方は、なぜこんな風に言うのだろうと思うのではなく、だからこうなんだ、って考えて、受け取り方によって自分自身の向上につながることができると思いました。目元・口元運動もがんばりたいと思います。楽しく勉強できました。ありがとうございました。
・相手の伝えることの難しさと、伝え方のポイントを学びました。この仕事をやっていくうえで、コミュニケーション技術は大切だと思います。また、伝える相手によっても、伝え方を工夫していく必要があることを学びました。
・伝達ゲームでA役をして、自分の言葉不足、ゆっくり話すことの大切さに気付き、感謝しています。自分の顔の表情にも問題があることに気付き、これからも顔の筋トレの大切さ、笑顔で接すると気持ちも穏やかになりました。本日は大切な気付きをありがとうございました。

 

・声を出すのに自信を持って話せるようになった気がします。楽しかったです。

 

・持ち帰ってできる体操なども教えていただきとても参考になりました。取り入れやすいと思いました。

 

・とても内容が濃くてトレーニングを続けていきたいと思いました。先生のように素敵な声が出せるようにがんばりたいです。

 

・すごく参考になりました。自分磨きの第一歩。また受講したいです。

 

・よい表情のために顔の筋肉の体操を続けます。家族にも教えたいです。

 

・笑顔になるように気をつけたり、(電話対応の時に)姿勢などに気をつけたいと思います。

 

【個別メールより】

 

・藤重先生の明るく元気な講義にぐいぐい引き込まれていき、ワークなども交えてあっという間に終わった研修でした。実はコミュニケーションをとるのことに苦手意識があり、性格のせいだとおもっていました。でも研修ではっきりと発声する練習や、表情豊かにする運動を今回学んだので、これから徐々に克服していきたいと思います。
また、自分の笑顔の現実を知り、ショックでした。事務仕事のため、無口・無表情で長時間パソコンと向かい合っているので、筋肉がどんどん下降して暗い表情にならないようにトレーニングがんばります。

 

 

 

・老人ホームで、音楽ボランティアをしていますが、話し方講座で、「話は相手とのキャッチボール」と学んでから、私自分が、相手に取れるボールを投げようとし、お年寄りの皆さんも、笑顔や反応が大きくなりました。またきてね、楽しいね、と、口々に言われます。音楽そのものは上達したわけではないのに。以前は、皆さんの反応よりも、進行や、内容に責任を感じて、そこに気持ちが行っていたように思います。

・会話する際、相手の話に、本当に「耳を傾ける」練習をしました、その逆もやってみて、聴くことの大切さをあらためて実感しました。
それまでは、相手の話を聞きながらも、実は次に何をしゃべろうかとしていたことに気づき、以後、気持ちよい関係につながる会話、を目指すようになりました。相手との関係は、何を話すか、だけではなく、どう話すかが大切で、さらに、表情、向き合う身体の方向や姿勢、視線の方向などで、印象も、気持ちも、効果も変わることを、仕事の上でも感じる毎日です。

 

 

 

藤重先生、いつも楽しく学ばせていただいております。

私は、先生が皆の良いところを見つけて褒めてくれるところ、決して見下した態度をとらないところが大好きです。4回の受講で、意識の高まり、新しい目線の加わり、学び続ける意義を感じております。

 

昔、バス運転手の覆面調査の仕事をしました。

注意深く耳を澄ますとアナウンス力の個人差が大きく驚いたことを覚えています。しかし回を重ねるにつれ、聞き取りやすさ、明瞭さ等は心地よさを感じる重要な要素では無いことに気づきました。乗り間違えたお客様や「バイバイ」と発した幼児への対応蒔に湧き出るコミュニケーション能力(人間力)が大切だと確信しました。同様なことを感じる機会は現在も数多くあります。

 

受講中、先生や受講生の皆様から、多くの刺激、気づきが得られます。

表情、態度、言葉の選び方、たくさん学ぶことがあります。

学び続けることがプラスになると確信しております。

今後ともよろしくお願いいたします。